事前購入型クーポンとは

「クーポン」というと、無料で配布される割引券をイメージする方が多いと思います。
お店や路上で配っている割引クーポン、ラックなどに置かれるクーポン付き無料マガジンなど・・・

ですが同じ「クーポン」でも、お金を払って購入する「クーポン」が、人気を集めています。

☆「クーポンを買う?」
ここでいうクーポンとは、最初に書いた無料で配られる割引券とは異なり、「ある決められたサービスを受けられる権利の引換券」というクーポンを意味します。言い換えると、旅行会社で受け取る「バウチャー券」や、コンサート・イベントの「入場券」「座席チケット」と同じようなものと考えてもらえれば解りやすいと思います。
そのクーポンを事前に購入することから、一般的な割引券と区別するため「事前購入型クーポン」「事前販売クーポン」などと呼ばれています。

☆なぜクーポンを事前に買う必要が?
飲食店や各種サービス店であれば、実際にお店に行った際にお金を払うのが一般的です。事前に予約しても、予約料や事前に料金を取られることはあまりありません。
しかしこれでは、お店側としては当日になるまでお客様が来てくれるかどうかがわかりません.。
そこで、通常価格から大幅に割り引く代わりに事前にお金を払ってもらうことで、お客様を集める仕組みが生まれました。
通常価格から半額程度、ケースによっては半額以上割引の価格で「クーポン」がオトクに買えるので、お客にとっては事前にお金を払ってでもクーポンを購入するメリットがあります。

コメントは停止中です。